自分の婚活市場価値

婚活の市場価値は職場でわかる!?

婚活において自分がどの立ち位置にいるのかを把握しておくことは非常に大切です。そこですぐにわかる自分の市場価値を見極める方法を職場での関係から把握することができます。

男性社員や上司からの扱われ方で自分の価値がわかってしまうのはなんともせつないですが、上手く立ち回りをすることでレベルが低くても高い人を圧倒することができるのも忘れないようにしましょう。

レベル別の自分の市場価値を見極める

まずは会社での自分の扱われ方などを思いだしてみましょう。これによって男性から見た自分の価値が判断できると言われています。

レベル5:職場でちやほやされる

まず特に接点もない部署の男性が寄ってきて、ご飯の誘われたり取引先に上司の付き添いで音もするような方は非常に市場価値が高いと判断できます。簡単に言ってしまえば美人でモテる女性です。婚活などしなくても男性から寄ってくるので男性を選び放題。ただし、このような女性は理想も高いのでハイレベルの男性を求める傾向が強く、結婚が逆に遠くなってしまうケースも存在します。

レベル4:飲みに誘われる

職場でよく飲みに誘われる女性も市場価値は高いと言えます。また話しやすさや面白さも際立っているのではないでしょうか。会社の華やかな行事には必ずレベル5の方と一緒に参加を申し込まれるような方はレベル4となります。

レベル3:社内に男性との幅広いネットワークをもつ

この手の女性も会社の行事に出席をよく申し込まれたり、男性社員からも合コンを開いてほしいなどの申し出があります。いわゆる話しやすいが恋愛対象としてはあまり見られていないケースも存在。ただしコミュニケーション能力が高い傾向があるので立ち回り次第では婚活せずに綺麗なゴールを決められる可能性も高いです。

レベル2:地味だが面白い

キャラ立ちしていたり、自虐系のネタをする女性はレベル2。職場では年上からばかり飲みに誘われるような方もレベル2と判断して良いでしょう。いわゆる会社の女性陣では縁の下のちから持ちといった印象の女性です。恋愛対象として見られることが少ないので年齢を重ねてくると婚活をしないと結婚が遠くにいってしまうかも…

レベル1:敬語で話しかけられる

敬語を使って丁寧に話されたり、話しかけられなかったり…また呼ばれるときは必ず苗字でさんづけといった場合は残念ですが、職場レベル1といって良いでしょう。雰囲気ももしかしたら暗い印象や人を近づけないオーラを放っているかもしれません。

このような感じで職場での扱いを分析すると自分の女としての市場価値がなんとなく浮き彫りにされてきます。価値がわかれば維持するか、あげるだけです。まずは自己分析をして自分のレベルを知って対策を立てていきましょう。

Copyright(C) 婚活プリッツ|イイ男、イイ女の捕まえ方 All Rights Reserved.